小児矯正│杉並・阿佐ヶ谷の歯列矯正歯科なら阿佐谷矯正歯科医院

月火水金 9:30~13:00/14:30~20:00
土 9:30~13:00/14:30~18:00

0120-418-815
0120-418-815
メール予約

小児矯正PEDIATRIC

あさがや子どもの歯並び相談室

お子さまの歯並びやお口の中の状態はいかがですか?

お子さまの歯並びやお口の中の状態はいかがですか?

お子さまの歯並びを整えてあげることは、保護者の方の役目です。
きれいな歯並びは、お子さまの心と体の成長に不可欠であり、虫歯予防にもつながります。

当院では、小児矯正治療の対象年齢を6歳以上とさせていただいております。
6歳以上のお子さまをおもちの方で、お子さまのお口の中の状態が気になるという方は、ぜひ当院にご相談ください。

次のような症状やご心配ごとがある場合はぜひご相談ください。

  • 上顎前突(出っ歯)、または反対咬合(受け口)である

    体の成長とともに顎も成長しますが、上顎と下顎の成長期には差があります。
    骨格に問題がある場合には、成長抑制装置や成長促進装置、急速拡大装置などを使いますが、骨格は成長期にしか治療できず、大人になってからでは治療できません。
    とくに下顎の成長は長く続きます。反対咬合は早期治療・長期経過観察が必要です。

  • 上顎前突(出っ歯)で口が閉じない

    口が閉じないと鼻呼吸ができず口呼吸になり、口が開いたままになります。
    そのような見た目がコンプレックスになった場合、健康だけでなく心の成長にも影響を及ぼす可能性があります。
    お子さまが心身のともに健康に成長するためにも、保護者の方が矯正治療を検討してあげることが大切です。

  • 叢生(ガタガタの歯並び)で、このままだと永久歯がきれいに並びそうにない

    永久歯をきれいに並べるには、小児矯正できちんとスペースを確保することが大切です。
    成長期に行なう小児矯正では、成長を利用した側方拡大(横に広げること)や遠心移動(奥に移動させること)により、できる限り歯を抜かずに正しい噛み合わせへと導きます。成長期を過ぎると、抜歯して治療する確率が高くなります。

  • 正中離開(前歯がすきっ歯)、空隙歯列(すきっ歯)で、このままだとスペースが開いてしまう

    上の前歯の間が閉じない原因として、上唇小帯(上の前歯の間のひだ)の付着位置の異常、骨の中の過剰歯の存在、側切歯(2番目の歯)のサイズが小さい、などが考えられます。
    スペースは自然に閉じる場合と残ってしまう場合があるので、原因を見極め、それに対する適切な治療を行なうことが大切です。乳歯期のスペースには好ましいものもありますが、永久歯では余計なスペースを残してはいけません。

  • 歯が生えてこない、歯の数が足りているのか心配

    歯の数は、レントゲン写真を撮れば簡単に確認できます。
    先天的に歯の数が足りない場合は矯正治療でスペースを詰めたり、将来的にブリッジやインプラントなどをおすすめする場合もあります。
    埋伏歯(骨の中に埋もれていて自然に生えてこない歯)がある場合は、CTで原因を分析して牽引することができます。

  • 発音が不明瞭、口がいつもぽかーんと開いていて口元のしまりがない

    歯並びによっては、発音するときに音がもれる場合があります。
    お子さまの舌の位置はどこにありますか? 本来あるべき正常な舌の位置をご存じですか?
    舌の位置が悪い方や、口元のしまりが悪く緩みがちな方には、矯正治療と同時に筋肉のトレーニングを行なってまいります。

  • おしゃぶり癖や爪を噛む癖がある

    おしゃぶり防止装置や苦いマニキュアがありますので、それらを使うことで癖を直すことができます。

検査をすることで現在の歯や顎の状態を確認

検査をすることで現在の歯や顎の状態を確認

レントゲン検査で現在の歯や顎の状態が確認できますので、将来の予測や現状で必要な治療をアドバイスさせていただきます。
詳しくは矯正治療の流れをご覧ください。
矯正治療の流れ >

拡大床の注意点

「ほかの歯医者さんで何年も矯正治療を続けているのに、歯並びが良くなるどころか、噛み合わせが悪くなってしまったんですが…」。お子さまについて、このようなお悩みを抱えて来院される保護者の方は珍しくありません。実際にお子さまのお口の中を拝見すると、歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)がダメージを受けていることもあります。
原因のひとつとして考えられるのは、その医師の診断による『拡大床』の不適切な使用です。

『拡大床』とは矯正装置の一種で、ねじの力を利用して歯を裏側から押し、歯を傾けながら歯列の幅を横に広げる効果があります。
可能なのは歯の移動だけで、顎の幅、顎のずれ、歯並びの過度の乱れ、不正咬合などの治療には使用できません。また、いくら歯列の幅を広げる装置であるとはいえ、すべての歯列に効果を発揮するわけではありません。
それにもかかわらず、拡大床を使う医師がいるため、患者さまの健康被害を招いてしまうのです。その背景には、「歯を抜かずに治療するには、子どものうちに拡大床を使うべき」との誤った考えが浸透してしまっていることがあげられます。

歯科医院で「とりあえず横幅を広げましょう」と言われたことはありませんか?
きちんとアーチ(歯列弓)を測りましたか? もっと精密に検査すれば、ほかの方法を提案することができるはずです。
安易に「広げる」だけでは、歯並びは美しくなりません。また、「乳歯から永久歯に生え替わってからでないと治療はできない」「虫歯を治さないと治療できない」というのも誤った考えです。

小児矯正に使うさまざまな装置

お子さまのご希望やライフスタイル(部活動や習いごと)・性格に合わせ、取り外し式と固定式、どちらの矯正装置にするかなどをご相談し、最適な治療方法をご提案いたします。
骨格の治療で顎外装置を使ったり、部分的でシンプルなマルチブラケット装置から始めることもございます。また、表側からは見えない裏側の装置もございます。

症例

【症例1】舌側転位(2番目の歯が反対咬合)

スペース不足で内側に生え、反対咬合になりました。
自然に改善することはないので、非抜歯での治療を目指すには、側方拡大などの早期のスペース確保が必要です。
下の歯もガタガタになっています。

【症例1】舌側転位(2番目の歯が反対咬合) 【症例1】舌側転位(2番目の歯が反対咬合)2

【症例2】正中離開(前歯がすきっ歯)

上の前歯の真ん中に隙間があるため前歯の隙間が目立ちます。上唇小帯が原因となる場合があります。
舌小帯が緊張しているため、舌を上に持ち上げると舌の先が割れてハート形の舌になり、舌足らずで発音が悪くなります。
このように舌の形や粘膜も歯並びには影響しますので、矯正はただ歯を並べるだけの治療ではないのです。
また、上唇小帯や舌小帯は簡単に切除することができ、麻酔をするので痛みはありません。

◆上唇小帯・舌小帯の症例写真

【症例2】正中離開(前歯がすきっ歯) 【症例2】正中離開(前歯がすきっ歯)2 【症例2】正中離開(前歯がすきっ歯)3

◆上唇小帯の症例写真

上唇小帯切除前 上唇小帯切除後
※このように上唇小帯が緊張している症例は、矯正治療と同時に上唇小帯切除術が必要です。

上唇小帯の症例写真

◆舌小帯・舌尖ハート型の症例写真

※このように舌小帯が緊張している症例は、矯正治療と同時に舌小帯切除術が必要です。

舌小帯・舌尖ハート型の症例写真 舌小帯・舌尖ハート型の症例写真2

小児歯科について

小児歯科について

当院では、お子さまの治療に力を入れております。
矯正治療はもちろん、虫歯治療や予防歯科など、お子さまの健康づくり全力でサポートいたします。
また、お子さまが歯医者さん嫌いにならないよう、プレゼントをご用意するなど通院が楽しくなる工夫を随所に施し、「歯医者さんが楽しいところ」だと思っていただけるよう努めております。
お子さまのお口の状態が気になる保護者の方は、ぜひ当院までご相談ください。

小児歯科 >

まずは矯正ご相談からお待ちいたしております。
当院では虫歯の治療も
矯正治療と同時進行でいたします。
どのようなことでもご相談ください。

みんなへのメッセージ

みんなへの メッセージみんなが たのしみにしている ごはんやおやつ。
でも、 むしばがあって はがいたかったり、 おくちのなかに わるいところがあったりすると、しっかりかめないから おいしくたべられなくなっちゃうんだ。
たのしみにしている ごはんやおやつを おいしくたべられないなんて、 かなしいよね。

だから、ごはんやおやつをたべたあとは、 おうちのひとに ちゃんと“は”をみがいてもらおう。
そうすると むしばになりにくくなるから、いつでもおいしくたべられるよ。
それに、 おくちのなかに わるいところがあっても、 おうちのひとが きづいてくれるから、すぐに はいしゃさんの せんせいのところに つれていってもらえるよ。

せんせいは おくちのなかのわるいところを いろいろなほうほうで なおしてくれるんだ。
だから、おとなになっても おくちのなかに わるいところがないままで、いろいろなたべものを いつまでも おいしくたべられるんだよ。

はいしゃさんでは、 せんせいが わるいところを なおしてくれるだけじゃなくて、おねえさんたちが みんなの“は”を きれいにしてくれるよ。

それに、 はいしゃさんにきてくれた ごほうびをもらえるんだ!
いつでも ごほうびをもらえるなんて、 はいしゃさんって たのしいところだね!

だから、 おうちのひとと はいしゃさんにいってみよう!
せんせいと おねえさんたちが、 みんながあいにきてくれるのを たのしみにまっているよ。
Web予約・相談